読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Do you like coffee?

coffee記事がメインです

『珈琲豆のお話』

『column』

f:id:hideame:20160118105201j:plain

coffeeが好きな人でも、豆を買って自分で淹れる人は少ないですよね。

ミルを買う必要性があるので、どうしても粉から買う人が多いです。

私達のお店でも「粉にして挽いてくれませんか?」とよくあります。

勿論、ご要望にお応えして挽くのですが・・・

 

それで「粉と豆・・・どっちが良いのか?」・・・

これをお客さんに聞かれる事が多いのです。

この場合、豆の管理や品質の管理を指してるのか?

自分で淹れ易く時短を言ってるのか? そこの見極めが肝心です。

こういう時は最後までお客さんの話を聞いてからお答えしています。

 

それで、私達はcafe経営と云うよりも豆を売るのが専門ですから

お客さんの割合として半々が「豆のまま下さい」と言われます。

ですがcafeの従業員だった頃は、圧倒的に粉で買う人の方が多かったです。

 

 

 

 

『cafeと豆屋は別業種』

f:id:hideame:20160118111014j:plain

このはてなでも、coffeeを淹れる事や飲む事のblogは多いです。

しかし、豆の性質や管理方法に拘ったり特化したblogは少ない。

きっと淹れる事への拘りが、全体として見えてないのかも知れません。

 

魚で言えば、魚屋さんやスーパーで切り身にしてあるところで判断してます。

本来は漁に行き、網で獲って漁業組合で仕分けして市場に行くのです。

そういうところを抜きにして語ってしまうのもcoffeeの悪いところ。

 

業務で言えば、珈琲焙煎をする豆屋は豆の性質や風味の違い

または焙煎具合から来る抽出の適度などを初めから知ってます。

しかし、cafeはそれを飲んだ時点で判断しているので

豆屋と同じようにcoffeeについて知ってるワケでもないのですね。

つまり、僕は両方で働いているから知り得た事です。

 

豆屋から見ると、coffeeで流行っているcafeは

より豆屋に近い淹れ方や管理の仕方をしてると言っても過言ではありません。

また、豆屋から抽出時に手解きを受けたり注意点を示唆されます。

それを再現可能なまでに引き出せると、より美味しくなるのです。

 

また、豆屋のウィークポイントはcafeのように

大勢のお客さんに同時にcoffeeを提供できないところにあります。

試飲を沢山させますが、それは一人のお客さんであったり

一杯分を数人で分けてもらったりするので、cafeの方が仕事が早いです。

ただし、一杯を丁寧に淹れる事は手抜きをしませんが・・・

 

 

 

 

 『豆屋からのアドバイス』

f:id:hideame:20160118143945j:plain

 折角、豆を買ってもらったのですから長持ちさせて欲しいですよね。

なるべくは常温で管理せず、低温で湿気の無いところで管理して欲しいです。

僕らは冷凍保存をお勧めする理由として、一番長期保存が出来るからです。

 

また、粉にすると豆屋から見ると賞味期限は3日なのです。

これは炭酸ガスが全部放出してしまい、酸化が進んでしまうからなのですね。

ですから、なるべくなら豆屋とお付き合いしてもらうなら

コーヒーミルをご用意して頂いた方が有難いのです。

 

 

f:id:hideame:20160118145209j:plain

これはセラーメイトですが、このようなキャニスターにでも入れて保存を。

冷凍の場合は、購入時の袋にジップロック等の保存用パックに入れて。

 

沢山の豆を購入するよりも、賞味期限内に飲み切れる量を購入して欲しいです。

大量に購入して、冷凍庫内や部屋の脱臭剤になってしまっては悲しいですね。

珈琲豆はある程度は炭化している活性炭ですから

匂いや湿度を吸収してしまう作用があります。

ですから、ある程度のお約束さえ守れば管理は難しくありません。

 

僕らの方も高慢な営業にならず、色々な事に取り組んでます。

無料の珈琲教室や、試供品豆の提供(30g~50g)等

美味しくご家庭で淹れられる術を用意しています。

是非とも豆屋さんと仲良くなって、楽しいcoffee lifeをあなたに!

 

Hand